idea(イデア)Ray(レイ)美容室 / アイラッシュ

DETAIL記事詳細

初めて白髪を染めるタイミングとそれまでの誤魔化し方

多くの方は30代頃からちらほら出てくる白髪に悩みます。

分け目を変えてみたり、帽子を被ってみたりと色々な工夫をしてみる方も多いと思いますが、どうしても目立ってしまうので、その対策としていつから染めるのか、他に方法があるのか、などどうしたらいいのか分からなくなりますよね。

 

今回は初めて白髪を染めることについてidea南守谷店現役スタイリストの染谷がお伝え致します。

 

 

白髪をうまくぼかす

 

 

白髪染めをすると暗くなるイメージがある方や、一度染めたらまたすぐに染めないといけなくなりそう、などと一歩踏み出せない方はさまざまな理由があるかと思いますが、まずはぼかす方法から考えてみましょう。

 

全体のカラーを明るくする

 

極端な話になりますが黒の中に白があると目立ちますが、金の中に白がある場合はそんなに目立ちません。

 

普段からカラーをいているのであればいつものトーンより明るくすることで今よりは目立たなくなります。

この方法はあくまで白髪が目立ちにくくぼかすだけなので白髪はそのまま白く残ります。

なのでもし全体の髪の毛の中で白髪が多ければ馴染みますが、少ないと今度は地毛の色が目立つため、日がたった時根元がいつもより目立ってしまうというデメリットもあるので白髪率についても一緒に考えると良いでしょう。

 

 

ハイライトを入れる

 

 

先程触れた「全体のカラーを明るくする」に近いのですが、こちらのメリットは日が経って伸びてきても根元が目立ちにくいのと、全体を染めるわけではないのでその分ダメージが少なくなります。

全体を明るくすることに抵抗がある方にとても合うメニューです。

 

ハイライトというと派手なイメージを持たれやすく「私は若くないから」と実際に言われることもあるのですが、明るさや太さや本数、ハイライトを入れる場所をしっかり考えればとても自然になります。

 

自然にすればするほど他の毛に馴染み、光の加減で輝いているように見えるので誰にも気付かれないこともあるほどです。

 

デメリットは働く職場が厳しく、カラーをすること自体が微妙という方にはリスクが大きいので要相談になるところです。

 

私はメッシュが大好きです。

明るいハイライトを入れれば華やかになりますし、暗いローライトを入れれば立体感がでるからです。

入れる場所にもよりますが少しの変化を楽しみやすいのが特徴です。

私がお客様にメッシュを提案するときは、白髪の伸びがすぐに気になる方、小顔に見せたい方、白髪は染めたいけど明るくしたい方、自然に色を少し変えてみたい方におすすめしてます。

私のお客様に多くいらっしゃるので個人的に得意なメニューでもあります。

 

idea南守谷店では全体にしっかり入れる場合は¥6000~ですが、様子を見る程度やメンテナンスであれば¥3000~で施術出来ます。

 

もしもご興味がございましたらぜひご利用ください。

 

普段のカラー剤に白髪染めカラーを混ぜる

 

 

今のカラーが気に入ってあまり変えたくないという方におすすめです。

 

白髪染めを混ぜることが出来るということ自体を知らない方が多いほど盲点なテクニックです。

 

配合の仕方にもよりますが、白髪染め100%ではないので白髪への色の入り方もうっすらになりますが、今までの入っていなかった時と比べれば格段に目立ちにくくなります。

 

白髪染めだけだと普通のカラーと比べて色味が鮮やかではないので色味を楽しみたい方はぜひお試しください。

 

初めて白髪染めをした方のクチコミ

 

「白髪染めのタイミングが分からなかったけど、普通のカラー剤に混ぜることが出来ると知ってチャレンジがしやすかったです。」

 

「白髪染めは暗くなるものだと思ってたけど予想していたより色が選べて嬉しくなった!」

 

「白髪染めをしているように見えたくなかったのでそう見えない仕上がりに大満足です!」

 

「今まで白髪染めをする程の本数だと思わなくて普通のカラーで染めていたのですが、思い切って白髪染めにしてみました。

当たり前かもしれませんが、白髪にしっかり染まっていたのでそこで初めて白髪数本に自分が思うよりもストレスに感じていたのだと気付きました。

今ではもっと早く白髪染めにしたら良かったと思ってます(笑)」

 

 

地毛に近い色でキープしたい

 

 

髪の毛を明るくすることなく白髪を目立たなくするには染めることが1番ですがダメージはなるべく抑えたいですよね。

白髪染めのカラー以外で白髪を染める事もできるのでご自身に合うものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

マニキュア

 

 

 

カラー剤との違いを比較しながらメリットとデメリットをお伝え致します。

マニキュアのデメリット

①カラー剤とは違い脱色成分が入っていないため明るくすることができない。

②キューティクルを開かず表面に染めるので退色が早い。

③地肌にも付けないように染めるので、根元の伸びが早い。

④表面にコーティングされるのでパーマがかかりにくくなる。

 

以上がマニキュアのデメリットですが、裏を返せばこれも特徴でメリットでもあります。

次にメリットを紹介します。

 

マニキュアのメリット

 

①脱色成分やキューティクルを開く成分が入っていないため、ダメージが必要最小限

 

②退色が早い分また違う色も試すことも出来る。

 

③地肌に付けずに染めるので敏感肌の人に安心(シャンプー時にはどうしてもつくので心配な方は頭皮の保護剤など利用した方が良いです。)

 

④表面にコーティングされるので艶が出やすくダメージを受けにくくしてくれる。

 

以上がカラー剤と比べたマニキュアのメリット・デメリットです。

 

ヘナ・漢方

 

 

ヘナや漢方は植物を乾燥させ粉末にしたものを水で溶いて染めます。

マニキュアやカラー剤とはまた違うのでこちらも比べながらメリット・デメリットを紹介します。

 

①脱色成分が入っていないため明るくすることが出来ない。

 

②一度染めたら明るくすることが難しくなる。

 

③パーマがかかりにくくなる。

 

④植物性なのでアレルギーがある方には染めることが出来ない。

 

次にヘナ・漢方のメリットを紹介します。

 

①脱色成分が配合されておらず、植物性の染料なのでダメージが最小限で抑えられる。

 

②しっかり染まるため退色が少ない。

 

③ダメージ毛の欠落した部分に毛髪補修成分を入れることが出来るため、染める度健康毛に近付く。

 

地毛の色でキープしたいのであればカラー剤でも出来ますが、よりダメージを少なくしたいですよね。

今回は最小限のダメージに抑えることの出来るカラー剤をご紹介いたしましたので、ぜひ候補にしていただけたら嬉しいです。

 

 部分的に白髪が多い場合

 

 

 

全体的にちらほらというより分け目だけだったり、顔周りだけだったり一部分に集中して白髪が生える方も少なくありません。

 

この部分的な白髪のために全体を白髪染めするのに抵抗があり悩む方が多いです。

 

いつものカラーで部分的に白髪染めにすることも可能ですし、普段から白髪染めをしている方だとしても白髪の本数が多いとその部分だけ退色が早かったり仕上がりも明るくなってしまうので、その部分だけ濃い配合のカラー剤で塗り分けることも可能です。

 

白髪が生えてきた時にやりがちなNGな行動

 

白髪が生えてきたばかりの時は対応に困るものです。

その時にやってはいけない行動だけでも知っておくと違うと思うので、紹介させていただきます。

 

白髪を抜く

 

ダントツで多くやられてしまうのは1本2本たまから、と白髪を抜いてしまうことです。

ダメだと分かっているつもりでもふと鏡を見た時に見つけてしまうと我慢できずに抜いしまうこともあるかもしれませんが、ここでなぜ良くないのかお話します。

 

まずは抜いたことで頭皮に衝撃が走ります。

これはダメージの元となるものです。

頭皮のダメージは目に見えにくいものなので気にされない方もいらっしゃいますが、実はのちのちとても怖いことになります。

 

例えば頭皮に炎症が起きると髪の毛が抜けたり、細毛になってしまうリスクもありますし、カラー剤やパーマ液がしみるようになることもあります。

 

ダメージによる活性酸素が発生すれば白髪の増える原因になったり、頭皮がたるみ額や目元のシワの原因にもなります。

百害あって一利なしとはこのことなので、抜かないことに越したことはありません。

 

1本1本切る

 

抜かないことで頭皮へのダメージはありませんが、少し伸びた時にぴょこんと立ち上がってしまいます。

そうすると分け目を変えても立ち上がったままになって必要以上に目立ってしまうこともあります。

 

さらに切る時に白髪以外の髪の毛も切ってしまうとそれもまた伸びた時に立ち上がるため、何をしてもボサボサとまとまりのないように見えてしまいます。

 

切った時は開放感があるかもしれませんがのちのちに悩むことになってしまうのでこちらもNGな行動とさせていただきます。

 

ホームカラーで染める

 

美容師がホームカラーをおすすめしない理由は自分の売り上げのためだと思われがちですが、それだけでないきちんとした理由があります。

 

まず大きな理由はダメージの違いです。

美容室のカラー剤と市販のカラー剤では60倍ものダメージの差があるとも言われています。

 

60回染めるのと1回染めるのが同じダメージなのかと思うとその差はとても大きいのが分かりますよね。

 

白髪染めを使わないで染める

 

白髪を染める方法としていくつか挙げましたが白髪染めの薬剤を使わずに白髪を染めることもできます。

 

聞いたことが無いという方もいらっしゃると思いますのでここで掘り下げていきます。

 

白髪染めと通常カラーの違い

 

そもそも白髪染めと通常のカラーはどう違うのか?という所からですが、簡単に言うと白髪染めにはベースにブラウンが入っていて、通常のカラーにはそれが入っていません。

 

白髪には本来黒髪に入っているメラニン色素が入っていないので染料でメラニンの代わりになるようにカバーされています。

 

例えば仕上がりをレッドブラウンにしたい場合、白髪染めには赤と茶色の染料で出来ていて、通常のカラーには赤の染料で出来ています。

黒髪の場合自分で持っているメラニンもあるので仕上がりは同じレッドブラウンになるのです。

 

しかし当然ですが、白髪の量は人それぞれ違うので白髪量によって同じカラー剤を使用しても仕上がりの明るさは変わります。

 

通常の白髪染めは白髪率30%の人に染める事を想定して作られることが多いです。

 

そのため白髪率が30%以下の人には暗く仕上がり、30%以上の人には明るく仕上がるようになってしまいます。

 

ではどうやって白髪染めを使わずして白髪を染めていくのか次に説明致します。

 

 

白髪染めを使わない白髪の染め方

 

先程お伝えしたように白髪染めでも白髪率によって仕上がりが左右されてしまいます。

 

逆に白髪染めを使わなければ白髪率に合わせて配合することが出来ます。

 

白髪率は1人の髪の毛でも場所によって違うので実はデリケートに考えなければなりません。

 

 

もちろん通常のカラーでもブラウンの色味はあるのでメラニン色素の代わりになるのうに配合すれば白髪はしっかり染まります。

 

人それぞれの白髪率をしっかり見極めて染めていけば白髪染めを使わずに白髪を染めることができます。

 

 白髪染めに関するよくあるQ.A

 

 

 

Q.白髪染めで染めると暗くなってしまいますか?

 

A.全ての白髪染めが暗いわけではなく明るい白髪染めで染めれば明るくすることは出来ます。

しかし明るくすればするほど染料が少なくなる分それほど色持ちが良くなかったり、薄染まりになる場合があります。

 

白髪の本数や普段からの染める周期と合わせて自分に合った明るさを決めるのが良いでしょう

 

Q.白髪染めはダメージが大きいですか?

 

A.通常のカラー剤と通常の白髪染めで言うと白髪染めの方がダメージがあります。

 

しかしそんなに大きくの違いは無いのでハイトーンの方が大きいダメージになる事もあります。

 

白髪染めの方が大きいダメージだと思われがちなのは通常のカラーをしている方よりも染める周期が短くなりやすい傾向にあるからだと思います。

 

Q.白髪染めで暗くなりすぎた時明るく染め直すことは出来ますか?

 

A.方法としては明るくすることはできますが髪の毛への負担が大きいためおすすめ出来ません。

 

髪の毛はメラニンが入っていることで黒く見えるのですが、通常のカラー剤はそのメラニン色素を分解することで明るくすることができます。

しかし白髪染めで暗く見えるようになってしまった場合はメラニンではなく白髪染めの染料で発色しています。

 

そのため通常のカラー剤では明るくしにくいため、強い薬剤を使用する必要があります。

強い薬剤ほどダメージが大きく、色抜けも早くなってしまいます。

 

ダメージを抑え明るくするのであれば根元染めする時に境目が分かりにくいくらいの少し明るい白髪染めで染めて、少しずつ明るくしていくのが1番良い方法です。

 

 

まとめ

 

白髪の本数で白髪染めをするしないを考えるより、どれだけ目立ってしまうのか、どれだけご自身が気になるかで染めるのがベストのタイミングだと私は思います。

 

第三者に白髪が目立たないと言われたとしても気になってしまっていたら鏡で自分を見る度に落ち込んでしまうと気分が上がらないですよね。

 

今回はぼかし方もお伝えしてあるので染めるだけが全てでもないので、ぜひ一番似合うものができる参考になれたら嬉しいです。

 

WEB予約はこちら

INDEX記事一覧